ロン毛取立人

腐女子のオタクの徒然。好きなソシャゲの話だったり、好きなロン毛の話だったり。息をするように下ネタ

人生で初めて10万字の同人小説を書いたので、過程をまとめてみよう

いつもの如く、ブログタイトル通りの内容である。

 

私は気が向いたらブログを書いているが、ついでにpixivで二次創作の小説もどきを書いたりもしている。私は腐女子なので、BLがメインだ。

 

多分3年間くらい色んなジャンルで書き続けて、この前初めて10万字の作品を書いた。今までの最長が8万9千字だったので、文字数としては大幅に伸びた。

 

10万字、それは小説を書いている人間なら一度は夢見る……いや、クソデカ主語は反感を買うかもしれないのでやめよう、私は憧れていた。マウントを取りたいとかそういう話ではなく、純粋に10万字の推しカプがある世界は最高だからだ。

そう書いておこう。私は炎上が怖い腐女子なので……。

 

『長編は一度書いたら書くハードルが下がる』

 

……とはどこかの先人が言った名言ではあるが実際に体験してみるとまったくもってその通りであり、今でも(今回書けたんだし、次に書く話も10万くらい書けそうだなあ〜)みたいなトンチキ頭狂った馬鹿思考になっている。

 

1年くらい前まで、10万字レベルの作品をポンポン上げていた圧倒的強者文字書きのフォロワーに「気持ち悪……ッ!  どんな思考回路してんの?(褒め言葉)」と言葉を投げていた私が、実際に書くに至ったので、今回得たものを忘れないように、備忘録と称して、書く際のコツなどを書いておこうと思う。

 

まず最初に書いておくが、これは素人が書いた小説を、素人がバカ真面目な顔で必死になって解説する、黒歴史に近い記事なので、決して全てを鵜呑みにせず、鼻で笑う程度に留めておいて欲しい。

 

正直役に立つかは不明だが、これから長編が書きたい!と思った誰かの参考になれば幸いである。

 

(合わせて、これは2万字くらいの話は書ける! という人向けなので、5千字しか書けないけど1万字の話が書きたい! みたいな人は別の人のブログなり何なりを見ることを強く推奨する)

限界腐女子による小説の書き方講座|さくた|note

これとか好き

 

1.長編を書く時に恐らく必要なもの

 

自分が一番楽に書ける執筆環境

(二次創作であれば)原作、推しCPへのでかい感情

プロット(一番モチベに関わると思う)

イメソン(個人による)

 

上から説明していこう

 

私は今回の作品を、最後の推敲を除いて全てpomeraDM200で書いた。

 

キングジム デジタルメモ ポメラ ブラック
 

 

こいつは『文章を書く』事だけに特化した物凄い機器であり、文字の打ちやすさと合わせて、私は既にこいつ無しでは生きられない身体にされている。あとノートパソコンよりも遥かに軽い、持ち運びに便利。あと目がそんなに疲れない、ような気がする。電池も充電式。便利の塊。

 

キングジムさん……愛してるよ……(ごますり)

 

Bluetoothキーボードとしても使えたり(するらしいが、あんまり使った事ない)、類語辞典やら英和辞典やらが全てついてる、本当によく出来るやつである。

 

欠点はこいつ一台を買うと中古のPS4ぐらいなら余裕で買えるほどの金が吹っ飛ぶ事。私は多分値段分くらいの元はとった気がする。

 

キングジムさん……値下げ、お願いしますよ……(ごますり)

と、まあこのままだとpomeraの布教記事になってしまうのでこの辺にしておくが、自分が一番楽に書ける環境なら何でも良いと思う。私も今までWordやらEvernoteやら色々試した末にpomeraに落ち着いたので。

 

 

長編を書こうと思ったら、かなりの長丁場になると思う。

 

書こう! と思っているぐらいなのだから心配は不要かもしれないが、それが二次創作の場合は、原作や、推しCPへの感情は必要だと思う。

 

好きであればある程、その原作の中に出てくる世界観、キャラクターで何かを表現したければしたい程、その長編の中身は豊かになっていくはずだ。少なくとも、『このCPが流行ってるから……』『評価されたいから……』で書いた話よりも、ずっと面白くなるはずだ、とそれっぽい言葉を並べておく。

 

要は自分の長編とずっと向き合ってられるかの話だ。

 

そして、ここまで色々と書いたが、個人的に長編を書くにあたって一番重要なのはプロットだろうと考えている。

 

これは完全に持論だが、長編、その中も10万字レベルの話を書くにあたって、プロットはほぼ必須なのではないかと私は考えている。

 

そう考えると理由はいくつかあって、10万字レベルの話になると、話のネタを結構入れ込まないと絶対に字数が足りないので、そのネタを整理する為に必要である、という点が一つ。もう一つは進捗の可視化である。

 

自分が今どのあたりまで書いたのか、経過がひと目見て分かる事はモチベーション維持につながる。(これがダイエットにも適用できたらまじで最高だ。私はできた試しがない。)

 

f:id:Manam:20200630045417j:image

私はこの写真のようにがっつり細かいプロットを最初から最後まで書ききってから話を書き始めるタイプだ。この話では一年間を書いた。どうしても壮大な話になりがちだ。多分、一日だけとかの描写だと文量が足りない。プロとかは別だと思うけど。

 

プロットの書き方は人によって様々なので参考にならないとは思うが、私は本文の1/10くらいの文量の、最初から最後まで展開を決めたプロットをあらかじめ作る。途中で思い付きながら書けないっていうのと、細部を少しずつ変えながら書く作業が楽しいからだ。

 

10万字書こうと思ったら、プロットはその1/10の1万字は必要だろうと踏んでいたし、実際にそうだった。

 

私がよく好んで書いている文字数は3万〜4万字で、いつもプロットは3500字ぐらいだった。よって、エピソードを盛り込む数はその3倍だろうと予想がついた。一つの描写を長く書くよりは、必要なエピソードを入れ込む方が、間延びしない作品が書ける、かもしれない。

 

因みに、このプロット方式に辿り着くまで私は1万字超えたらやった〜!レベルの短編書きだったので、わりと真面目にプロットと自分の相性は大事。

 

肝心の中身であるストーリー構成については、私はこの本を参考にした事がある。

 

SAVE THE CATの法則で売れる小説を書く

SAVE THE CATの法則で売れる小説を書く

 

有名な作品を取り上げて、本書の中で解説されるストーリー構成の枠組みに当て嵌めて考える、という内容。大事なものの喪失→取り戻すまでといった、あらかじめ設定されたテンプレに、思いついたネタを少しずつ当て嵌めていくだけで意外とドラマチックな物語が出来るかもしれない。

 

正直買わなくても全然問題ないのだが、行き詰まった時に読み返すと新たな刺激でも得られるかも知れない。

 

後は三幕構成やら、起承転結やら、物語を彩る術は色々ある。この世に溢れすぎてるくらいだ。初めて書くなら三幕構成の方が簡単かもしれない。私の説明なんかよりももっとわかりやすく纏められているサイトはいっぱいあるので調べるとヨシ!(現場猫

 

 

これで長編が最後まで書ける!三幕八場構成を学ぶ : 創作ハウツー | monokaki

このサイトとか、色々わかりやすいと思う。

 

何度も書くがこれは私の持論なので、重く受け止めすぎる必要はない。

 

実際、冒頭の頭狂い強者字書きはプロットらしいプロットをほぼ書かずに書き上げていた。まじで頭おかしいでおい。

 

最後はイメソン……だがこれも結局はモチベーション維持の為にあれば、まあいいかなあレベルなので、個人差が大きいだろう。

 

私は長編になると、頭の中で映画だったりアニメだったりの構想を勝手に立てたりするタイプの字書きなので、これはOPの曲で、これはEDの曲、これは推しCPがいい感じになってる時のRADWINPSみたいな劇中歌……みたいな感じで分類してイメソンを選ぶ。みんなするでしょ!! え、しない? そっか……た、楽しいからして欲しいな……。

 

 

野性の同盟

野性の同盟

因みに、今回のOP曲

心と体

心と体

ED曲

 

不思議な事に選曲がBUMPだったり椎名林檎だったり米津玄師だったりクリープハイプだったりと、オタクイメソン御用達アーティストばっかりになるがそれはご愛嬌だ。許して欲しい……。

 

 

2. 何とかして書き切ろう

 

一番の難関だと思う。長編を書いてる途中、とくに2万〜5万字位の時が一番しんどい。私はそうだった。

 

10万字クラスになると、よく言われる「好きなところから書いていって繋げていこう」は厳しいと思う。

 

ストーリーとしての整合性が取れなくなる、っていうのと、今までに書いてきた、元々伏線ではなかった要素を伏線として後に取り入れるっていう作業も楽しく書く上で重要だと思っているからだ。

 

何となく書いた要素を、続きを書きながら「これは伏線にできるな」などと思いながらストーリーを再構成していくのは本当に楽しい。

 

よって、完成への長い道のりを地道に歩いていくしか方法はないのである。(私の場合は)

 

今までだったらもうとっくに完成して投稿してるのにな〜〜〜!!みたいな思考にめちゃくちゃなる。

あとこれ面白いんか!? みたいな自問自答を何回も繰り返す事になる。

 

正直……私も書き慣れた訳ではないので大概な事は言えないが、これはもう、割り切るしかない。

 

長いのを書こうと思ったら、一番必要なのは「絶対に完成させる」という強い意志と、「これはめっちゃ面白い話からどうにかして完成させて誰かと共有したい」と思い込む強い力なんじゃないかと悟った。

 

後は、一日に一気に進めようとしても絶対に書けない。私は一日にせいぜい書いて1万5千字、最後の最後で2万字書いたら死にかけ……というレベルなので、最低でも一日にこれだけは書こ! みたいなラインがあると小さな達成感が蓄積されて嬉しい感じになるかもしれない。

 

長編とはいっても、突き詰めるとどんな話でも短いエピソードの積み重ねだ。今日はこのエピソード(私の場合だったら章)が書けたからヨシ! みたいな事を繰り返していると、6万〜7万字くらいになると幾分か楽になった。終わりが見えてくるからだ。

 

しばらく書き続けていると私はライティングハイになるので、そのあたりの記憶がまじでない。かろうじてドリフェス!のCDとアイカツ!のCD(作業用BGMとしてよく聴いている、何回も聞きすぎて日本語の歌詞に頭が惑わされる事がない好きな曲)を聴いていた事だけは憶えている……。

 

 

ありがとうKUROFUNE……

ありがとうアイカツ!……

 

よく言われているけれど、締め切りがあるのも大切だ。10万字レベルだと小説同人誌が余裕で作れちゃうので、イベントに合わせて書くと逃れられなくていいかもしれない(地獄)

 

書き上げた時の達成感は、そんじょそこらの小説の比ではないだろう。多分長編を一度書いた人間は、あの感覚が忘れられずにずるずるとまた長い話を書き始めるのである。業が深い。

 

 

 

 

3.推敲をしよう

 

本腰をいれてやったら丸一日は余裕で潰れる。10万字レベルだと推敲したら本文+2万字はあり得ると思う。

 

多分一番楽かつ逃げられない方法は、書いた本文を冊子で印刷して、赤ペンで直していく事だと思う。3万字くらいの時で半日かかったので10万字だと……多分三日は見積もったらいいんじゃないかな……(遠い目)

 

ついでに作品を寝かせる事でブラッシュアップも図れるので、それで頑張って満足するクオリティまで上げていけばいいと思う。

 

折角苦労して長い話を書いたのだから色んな人に読んでもらいたい、出来れば完成度が高いものを!と考えるのは当然の思考回路だろう。

 

推敲終わりまで来れば後は各自サイトに投稿するなり、同人誌を発行するなり、好きなように調理すれば良いだろう。それからの事は書いたものしか知らない。

 

5千字近く見てくれてありがとう。

普段と違って全然面白みの無い記事ですみません。

 

二次創作なんてものは楽しんで書いて、自分の解釈で相手を先に殴った人間の勝ちである。(暴論)

10万字書くのは自己満足の極みだ。でも楽しいものはしょうがない! そんな気持ちで書いていこう。

 

この記事が、誰かの参考になれば幸いである。